内浦行くならクルマは非推奨、ずらぁ。

      内浦行くならクルマは非推奨、ずらぁ。 はコメントを受け付けていません。

内浦に車で訪問することについて。

まず、内浦探訪を、車で考えている皆様に。

内浦入りはバスを利用し、自家用車の利用は極力避けることをおすすめします。

どういうことかということを、これからご案内しますね。

 

内浦への道

例えば、首都圏方面から東名高速道路を走り、内浦に行くには、主に以下の2ルートが考えられます。

【国道414号線南行】

(google情報:43分)

沼津インターから下道を行き、内浦に至るこのルートは、よく渋滞します。何しろ、交通量の多い市街地の道路だったり、そこを抜けてもニ車線のみの、速度の出せない海岸線のカーブのある道だったりするのですから…。景色はいいんですけどね。

  1. 東名高速道路で沼津インターから降りる
  2. グルメ街道(県道83号線-国道246号線終端)南下
  3. 国道1号線ジャンクションをそのまま南下し、国道414号線へ入る
  4. 国道414号線をずっと南下(国1ジャンクション→三つ目ガード(東海道線/御殿場線高架くぐる)→三園橋→御用邸前→静浦)
  5. 口野放水路交差点から県道17号線に入る
  6. 内浦へ

4.の途中で、ヌーマーズことゲーマーズ沼津店や、千本松原などなど、寄り道の楽しめるルートでもあります。

【自動車専用道】

(google情報:27分)

沼津インターを降りる際に、グルメ街道でなく、自動車専用道である「東駿河湾環状道路」~「伊豆中央道」を行くルートもあります。
「伊豆中央道」から、伊豆の国市の「長岡北IC」で降りて少し行けば、内浦の玄関口である口野放水路に出られます。
やや遠回りにはなる(沼津市からいったん東に抜け、三島市~伊豆の国市~沼津市)ものの、整備された自動車専用道であるぶん、早くて便利な道路です。

 

混雑状況

特に連休や夏季ともなると、下道はもちろん、自動車専用道も渋滞が発生します。
これについては、沼津河川国道事務所(国土交通省)さんの情報が大変参考になります。

【沼津河川国道事務所】沼津・三島エリアの道路混雑情報

例えば午前10時台の混雑状況(平成26年度)を、各時季で見てみましょう。
赤色が混雑、黄色がやや混雑です。

A.通常期 [平日]
root01

国道414号線南行の、沼津駅近くの三つ目ガード~御用邸近辺の南行が混雑しています。
自動車専用道のルートは快適ですが、長岡北ICを降りて内浦方面に向かう道に、少し混雑が見られます。

 

B.通常期 [休日]
root02

国道414号線南行の、三つ目ガード~御用邸近辺は、平日と変わらぬ混雑で、慢性的であることがわかります。
東駿河湾環状道路も変わらず快適ですが、長岡北ICを降りた混雑がやはり慢性化しているようです。

 

C.ゴールデンウィーク(5/3~5/5)
root03

行楽シーズンになると、赤色が目立つようになります。
ゴールデンウィークの場合、国道414号線南行の渋滞は、御用邸近辺から更に先の静浦地区、内浦の玄関口「口野放水路」交差点まで続きます。

通常期は快適な自動車専用道ルートも、伊豆中央道にやや混雑・混雑が見られるようになります。

このデータでは見ることができませんが、淡島マリンパークや伊豆三津シーパラダイスの行楽客を考慮すれば、その先の内浦までの県道も、かなり込み合うことが予想されます。

 

D.お盆(8/13~8/15)
root04

お盆のシーズンは、海水浴客(ピークやや過ぎであるものの)等が多い時期です。
あまんちゅ!」の聖地でもある大瀬(おせ)海水浴場が内浦の先にあります。
この時期は、GWと同じく、国道414号線南行の混雑が、口野放水路交差点まで伸びています。

さらに、自動車専用道ルートの、伊豆中央道の混雑が、黄色から赤色が増え、激化しています。

以上はあくまで一例です。他にも、夕方の帰りの時間帯の北行も、混雑します。
ご自分の行かれる時期の時間帯の状況等、詳細は沼津河川国道事務所さんのページでご確認下さい。

 

内浦に行くための駐車場

駐車場を探すのにおすすめのエリアは、沼津駅前・三島駅前の2つがあります。
どちらも、前のエントリで紹介したバスで行くルートが使えるのがポイントです。

ただし、盆休みなど行楽シーズンは、これら駐車場も満杯になることがあるので、その時期は車の利用は避け、沼津や三島まで来るのにも公共交通機関を利用することを推奨します。
どうせ東名高速道路も「低速道路」になるんですから・・・ね?

沼津駅周辺

沼津駅周辺は、内浦方面行きの、東海バスオレンジシャトルの利用に便利です。
ヌーマーズ(ゲーマーズ沼津店)や、やば珈琲 沼津店 などにも行けるのが強みです。

 沼津駅の駐車場リストは、2016年02月24日更新と新しく良いまとめが有りましたので、こちらをご覧下さい。

沼津駅周辺の駐車場15選。オススメは便利な駅近! – Find Travel

それから、ヌーマーズさんに行くのを考えているのであれば、ゲーマーズさんの沼津店ブログにも駐車場情報が出てますので、そちらもご覧下さい。
(3,000円以上の購入で、沼津市大手町商店街振興組合発行の1時間無料駐車券がもらえるようです。詳しくはお店にご確認下さい)

OPEN直前!沼津店!!~駐車場に関して~|沼津店

三島駅周辺

三島駅周辺は、新幹線の駅なので駐車場が豊富です。
伊豆箱根鉄道駿豆線の伊豆長岡駅経由内浦行きルートが使える&東海道線で沼津駅と繋がっていて、ルートの選択肢に幅が取れるのが強みです。

三島駐車場一覧 三島駅南口周辺 – 一般社団法人 三島市観光協会

 

参考:内浦の駐車場

内浦は、海と山に挟まれた土地です。(「君のこころは輝いてるかい?」PVで見てのとおりです)

駐車できる場所はほとんどない、と思って下さい。

駐車場が全く無いかというと、そうでもないのですが、各施設や店舗の駐車場ですので、利用者が停めるのが前提です。
施設を利用しないのに駐車場だけ利用というのは、少なくともマナーとしてよろしくないのでやめましょう。

平日に車で訪問した際の参考に、駐車場を紹介します。
行楽シーズンですと、道路だけでなく駐車場も満杯になる事態も十分にありますので、ご留意下さい。

伊豆三津シーパラダイス

アクセス・駐車場・時刻表 |伊豆・三津シーパラダイス

収容台数 :大型バス 15台/乗用車 300台

あわしまマリンパーク

営業時間・料金|あわしまマリンパーク

収容台数 : 約150台(繁忙期は臨時駐車場も完備)
駐車場料金/1日 500円

その他、三の浦観光案内所より先の木負(きしょう)に行けば、釣り客用の有料駐車場も有るようです。

 

参考:三の浦観光案内所隣の駐車場について

三の浦観光案内所の隣は、公園兼駐車場のような扱いになっており、車が停められます。
ただし、あくまで地元の内浦地区の公園兼駐車場です。車両が全部入ってしまっては、地元の駐車場利用者や公園として利用したい方に、迷惑をかける事になります。

平日はあまり問題にならないかもしれませんが、日祝日、それから「サンシャイン!!」放映期間の夏季は、ここの駐車場の利用を前提として行程を組むのは、遠慮したほうがよいでしょう。

 

まとめ

内浦地区は沼津市内有数の観光地ですが、それだけでなく、古くからの漁師町、あるいは農地です。
車に限りませんが、地元住民の仕事や生活の妨げにならないように気をつけて、旅を楽しんだらいい、ずら。